新型セレナe-power試乗

ウチの車は日産セレナC26系で、未だに冬タイヤだったのでノーマルタイヤへの交換にディーラー店に行きました。

そして、どうにも気になり新型セレナe-powerを試乗させてもらいました。
なんだか良いらしく、気に入ったら買ってしまいそう、こっちは最低あと5年は乗る予定なのに。と思ったのですが、
考えてみたら、気に入った→買う、なんて図式が簡単に成り立つ金額じゃないので、安心して?試乗。

e-powerは電気自動車です。ハイブリッドではありません。ガソリンエンジンは搭載されているけどあくまで給電発電のためです。

だから、車内はすごい静かです。加速してもエンジン音は唸りません。もともと遮音防音にも様々な工夫がなされているらしいのですが、室内静粛性はウリの一つ。
最初、静かだけどそこまでかな?と思ったけど、帰りに自分の車に乗ったら新型の静粛性に気づかされました。
更に静粛性をあげたマナーモードというのもあるらしく、バッテリーチャージが90%以上で、エンジンの動きを更に減らして静かにすることで、早朝深夜の住宅街で迷惑をかけないとか・・・
それはそれで気遣いだけど、もともと静かな車で更にそこまで気遣わなくてはいけないのか?世知辛い社会か?

 

加速がスムーズだとかトルクが意外にも、とかローリングのブレが、とかいろいろあるそうですが、所詮試乗車で街中を走ったくらいだし、そもそもセレナはそういう走りを追求したい人の乗る車じゃないので、それなりに運転できたら良いと思っているし、あまり車へのこだわりも少ないので気になりませんでした。

ただ、謎のBシフトがあり、隣の同乗者に「なんですか?これ」と聞いたら、いわゆるワンペダル走行が可能なモードらしく、通常のATがアクセル抜いてもするするーと惰性で走るのに対してBシフトはアクセル抜くとブレーキが徐々に効くようにスピードが落ちます。
確かプリウスとかでもあって、それがプリウスでのアクセルブレーキ間違え突っ込み事故の一因だとの論評もあったような?

その運転方法に慣れたら便利らしいのですが、街中では頻繁に加速と減速を小さく繰り返すような感覚で同乗者は酔いそうな気がしました。

 

そして気持ち悪い(褒め言葉)プロパイロット。

 

ドライブアシストの一つで、プロパイロットモードをオンにしてセットするとカメラやらセンサーやらが前の車を認識して、設定した車間距離、設定した制限速度内で勝手にスピードに関して追従してくれる機能です。
前の車が止まると、見えない何かに抑えつけられるように何もしなくても止まるし、前の車が動き始めると、何もしなくても見えないロープに引っ張られるように走り始める。前の車が加速し始めるとこっちもまた引っ張られる。

いやー気持ち悪い。

ただし、道路状況により前の車がセンサーの死角に入って認識できなくなるとプロパイロットモードは解除され、それに気づかないでいると、「たぶんそろそろスピード落ちて止まり始めるんだろうなぁ」と思っていたらスピードが落ちず、感覚的には逆に加速した感覚になり、焦ってブレーキを踏むという事に。

過信は禁物。

とはいえ、以前「道具が便利になると人は退化する」と書きましたが、人間まだまだ退化し怠惰になる余地がたくさんありますなぁ。
完全自動運転がなったら、そのモードが壊れてしまったら、免許を持っていても自走できなくなるんじゃないかな?

 

まー正直欲しくなったのですが、先に書いたように「気に入った→買う」とは残念ながらいかないので、同乗者の方へも再三「買いませんよ?」と言いましたが・・・

その同乗者から名刺をいただいたら、ディーラー店の店長さんでした・・・・!

すいません。失礼なコトを・・・・でも買いませんよ。

 

それより、ディーラー店に入るや端午の節句に併せたらしきボードの絵が気になる・・・

なぜSDガンダム(頑駄武?)・・・