小金井の花見2-暫定広場、第一小学校-

小金井公園から小金井街道へ戻ると大概小金井橋周辺や駅周辺で渋滞に陥るので、
住宅街のスキマから北大通りに抜けて、更に三浦歯科さん近くの丁字路から山崎内科方面へ向かい進んでいくと、JRの高架下を抜けすぐ右手にエアーズシティ、左手にジャノメミシン跡地、通称暫定広場があります。

暫定公園と思っていました。そもそも「暫定」だから正式名称は無いんだけども。
元々ジャノメミシン跡地を市が購入し、何らかの複合施設を作ろうとしていたらしく、そのためエアーズシティも出来たとか。耳の端でしか知らないけれども。
ところが、小金井市は金が無いから頓挫し、また数年前には昔からの懸案だったゴミ処理問題で、ゴミ処理場を作ろうと議題に上ったらしいけど、反対派から潰された、また市役所こっちに持ってこようぜ的な話もあったとか。
結局、福祉会館跡地を新市庁舎に。暫定広場を新福祉会館にするようですね。

となると、暫定広場が無くなるのも時間の問題か?

 

なにげに桜が綺麗なのです。

横はトミンハイム。
桜並木を抜けると、いわゆる暫定的な広場があり、子供達のよいたまり場、遊び場になっています。近隣保育園の遊び場でもあるようです。小さい滑り台とかあるしね。

小さいながらも桜のトンネルもあったり。

 

種類の異なる桜も綺麗です。

そんな暫定広場が意味もなく塩漬け状態であればそれも批判の対象になるけど、なくなったらなくなったで市民や市民の代弁者を自称する議員あたりから批判の声があがるんでしょうね。
為政者は大変だ。

 

向かいにあるエアーズシティの中は広く、たぶん中に桜があるんだろうけど、一応関係者じゃ無いので足を向けたことが無いから判りません。
ただ、敷地の角に比較的豪華な桜が涼やかに植わっています。

ちなみに、すごくどうでもいいけど、機動戦士ガンダムの宇宙世紀において、月にエアーズ市という月面自治都市があるらしい。ガンプラ絡みで出てきたガンダムセンチネル企画から出てきた架空都市らしい、一応小説らしきものも手に入れて読もうとしたけど、僕には肌が全く合わずに断念。ほんとどうでもいいな。

 

学校を作る際、施設設備の項目の上位に記載されているとしか思えない、学校における桜の木。おそらく全国どこの小中高大でも桜の木が備わっているような。
小金井自動車学校にも桜の木はあるんだよ。

あれ?僕の母校、日大歯学部は、校章こそ桜だけど、桜の木あったかな? いやあったよな。たぶん。

で、サクラ歯科医院の場所の学区である小金井市立小金井第一小学校にも立派な桜があります。丁度満開。入学式までには・・・・どうかな・・・?

 

だから、桜の名所は全国各地にあるけど、学校も桜の名所なんだよね。
そーいや一応僕が校医である多摩科学技術高校も満開だと思うけど行ってないな。

 

ところで、僕が育った佐賀市の公立小学校は、よくある第一小学校とか第二小学校とか数字はなく、いちいち由来のある名称でした。
僕が通った小学校は「循誘(じゅんゆう)小学校」で、なんか中国の故事で「循循なんちゃらかんちゃら」とかいうのから取ったとか。30年以上前でうろ覚えもいいところだけど。
つーか最近の小学校ってホームページあるのね。(論語にある「夫子循然善人(孔子様は心身の発達に応じて弟子たちを教育なさった)」から来てるんだってさ)
また、他にも「赤松小学校」、「勧興(かんこう)小学校」などなど。

だから、それが僕の中では当たり前だったから、申し訳ないけど一小二小などの名称は芸が無いなぁと思ってしまうのです。
もっとも、公立中学では、佐賀城を中心として東西南北で、城東中、城西中、城南中、城北中だったから芸が無いですね。公立高校も佐賀西、佐賀北、佐賀東だし。もっとも何故か僕が中学生の頃出来た新設公立高校は、致遠館高校と何故か芸を発揮したけど。

 

そんなとことんどうでも良いことを頭の片隅で思いながら一旦帰宅。

少し薄着に着替えて、また次女と自転車で野川沿いから野川公園、武蔵野公園へ。続く。