紙の本

そうやってkindle等電子書籍が便利なので、紙の小説を持っていても再度読みたくなったらkindleで購入してしまいます。
だって老眼にきついんだもん・・・

 

電子書籍の便利さは僕のように老眼だから文字の大きさを変えられるってのも便利の一つですが、置き場所を取らないってのも最大の便利さでしょう。
ウチのマンガ好きスタッフは置き場所に困りとうとう電子書籍に移行していまいました。僕も置き場所がもうないです。でも電子書籍はシェアできません。

ただ・・・kindleのライブラリーで表紙がずらずらと羅列されていても、たくさん読んだなぁという感覚が希薄です。
やはり紙媒体をずらりと並べる物質的な圧力が、「読んだなぁ・・・」としみじみ思う次第です。

  

だから、kindleで購入したからといって、かぶった紙媒体を処分できない・・・でも文字小さいから紙媒体の小説は飾り・・・。