夜の水族館

3月3日(土)は、仕事が終わると残りをスタッフに任せて、ダッシュで帰宅。こんな日に限って仕事が立て込んでしまった。死語となった「マーフィーの法則」という言葉がよぎる。
すぐに妻と子供達と出て電車で池袋へ。

 

日本大学歯学部同窓会東京都支部連合会&日本大学松戸歯学部同窓会東京支部連合会合同プロデュース(長いなぁ)
サンシャイン水族館豪華貸切企画
水族館の巨大水槽を観ながらブッフェディナー

 

のために急いでサンシャイン水族館に行ったのでした。
ちょうどその日は、小金井歯科医師会で会議があったのでしたが・・・会議の日程のFAXよりこっちを先に参加申請しちゃったもんで・・・。

 

池袋の街は、昔ながらの猥雑な繁華街とアニメ・マンガオタクの街が奇妙に同居している変な街ですねぇ・・・イケメンカフェってホントにイケメンいるんかいな?

 

とか思いながら、2016年1月10日にざんねんな生き物展に行った以来のサンシャイン水族館へ。

 

そこに来ている人々のほとんどが歯科医師、しかも日大。変な気分だ。
僕は人の顔と名前を覚えるのが苦手なので、向こうが知っていてこっちが知らない、という失礼なコトが起きないように、そしてどうせ年齢的に下っ端なので周囲の先生に目礼ばかりしていました。
途中で互いに知っている先生に会い、少しホッとしましたが。

 

入り口から進み、メインの巨大水槽の手前の廊下?でしばし待ち、準備が出来て奥へ流れ込む。
立食形式のブッフェ。

   

壇上で上の先生が数名挨拶をする。

その中で、夜の水族館は昼と違って・・・と話されていましたが、屋外はともかくも、水族館屋内は夜も昼も関係ないよねぇ・・・。

 

でも、参加人数は多かったですが、それでも休日昼間より人が少ない中で館内を見学できるのはやはりステキ。
殊に僕は食だ酒だというタイプではないので、水族館を観られるというのが良かったです。

しかも、こういう大人数じゃないと出来ないイベントという特別感がいいですねぇ。

      

 

残念ながら屋外はダメだし、

アザラシやペンギンにも会えませんが、それでも自由に2フロア(水族館内での1階と2階)を行き来できるってのは、普通の混雑状況では不可能ですしね。
こういう機会だからこそ・・・なのですが、そのためこの企画は未入会会員対策企画ともなっているようです。

歯科医師会の未入会率が年々上がっていることもですが、こういう同窓会への未入会率も多いのが実情です。
実は、どっちも表層上は、本来の歯科医院の仕事時間を削って会のためにやらされる、というデメリットが目立ち、実際その通りなのですが、
数字に表れにくい、最近やたら安っぽくなったワード「絆」とか人の広がり、若干負のイメージもあるけど「学閥」というメリットも存在するわけです。

僕もどちらかというと歯科医師会にしても同窓会にしても上記のデメリットを厄介に感じている側ですが、こういう懇親会で上の方の先生方の談笑を横目で見ていると、年を追うごとにメリットが上向いてくるのかな?と思ったりもします。

ま、かといってこれが未入会会員対策企画として成果があがるのかというと、どうかな?という気持ちもありますが。

年齢的に下の上という立場のため、パシられる立場にいるので、下の先生が入ってくれないといつまでもパシられる立場のままだから、会に未入会だったら他人事のように対岸の火事なのですが、両方の会にいる以上、入会率が上がってくれないと困ってしまう立場であります・・・。