修理に次ぐ修理

サクラ歯科医院は、ヨシダのユニット(治療用の椅子)を使っています。
よく壊れます。というと怒られそうですが。
たぶんわずかな例外を除いて、どこの会社のもチョコチョコ壊れると思うんですよね。
やれセンサーだなんだってどんどん複雑性が増しているから。

でもって10年も使うとガタがでまくりで、
唾液や余剰な水を吸うバキュームというアシスト側が主に使う機構が一つのユニットで吸わなくなりました。

で見てもらったら弁の調子が悪かったり、そもそも内部機構のホースに汚れがこびりついていたようです。10年分の垢ですね。

となると、一昨年追加したユニット以外の4台は全部そんな感じだよねぇ、ということでホース全とっかえをお願いし、昨日仕事が終わった夜に全とっかえとなりました。

 

と、ちょこちょこと交換したりしていますが、大本があとどれくらい使えるのかなぁ・・・・

 

という事案は人にも言えて、ご高齢の患者さんの治療で悩むことが多々あります。
いつまで生きられるかなぁ、このままこの歯、墓場まで持ってけないかなぁ・・・
治療した方がいいのは間違いないけど抜歯はするし、入れ歯は新調するし大がかりになるし、治療しなくても不足なく使えるなら何度も通わせずに下手に扱わずにいたほうがいいんじゃないかなぁ・・・、
とかいって様子を見ているうちに悪化して、患者さんの体力も低下して、
だったらあの時お元気なときにがっつり治療してれば良かったかなぁとか後悔しないかしら・・・とか、

自費のいいの入れたって何年使えるかなぁ・・・・でも、いいのがやっぱりいいから気持ちよく使えた方がいいよねとかも。

なんてこと、割と素直に患者さんと話します。これも一つのインフォームドコンセントとして。・・・のはず。