東京農工大学科学博物館-繊維機械展示室-2-

糸を全自動で作って、その糸を使って布地を作るわけですが。

縦糸と横糸を組み合わせて布地にするのです。その縦糸と縦糸の間に横糸を滑り込ませるのですが、手間がかかる、らしい。

で、このバッタン機というのが、横糸をさくっと往復できる優れもの。木製なのに。


これが産業革命の引き金になったとか。生産性は従来の10倍!

木製の楕円形の入れ物の中に横糸を巻き付けてあるものが杼(ひ)と言うのですが、それがジャコーンジャコーンと動くことで織られていくのみたい。

そしてその杼の中にある横糸が無くなると、機械を止めて杼を交換してまた動かしていく。

それを豊田織機の豊田佐吉親子が機械を止めること無く杼を自動で補給して布地を作っていくのがこの機械。
やっぱりアナログ。

 


手動での機織りが、自動になって、杼の交換を無停止でやれば更に生産性が向上するのは現場にいたら誰でもわかることでしょうけどね、普通凡人は「でもしょうがないじゃない、そんなもんでしょ」でおしまいだと思うのですよ。でも、更に踏み込んでどうすれば自動で交換できるのか、無停止で行けるのか、交換のタイミングをどうやって検知するか、
たぶん寝ても覚めてもそういうことばっかり考え続けて限界を突破するんでしょうね。

そういう限界突破で時代が動く、その分野上の偉人ってなんて変態なんでしょう(褒め言葉)

ボランティアの方が熱く説明することに共鳴するように僕大興奮。

 

そして、布地に柄を自動で入れ込むですよ。縦糸と色違いの横糸を、折り込むタイミングを違えることで表面に出てくる色の量から柄を浮き出させる方法。
従来は横糸を入れる人と、上で引っ張って調整する人の二人体制でやっていたらしいですが、
この機械は、自動。

 


そのタイミングはパンチカードによってのタイミングのプログラムですよ。キモチワルーイ(褒め言葉)

 


そして、更にこの機械は、横糸を通す杼での生産性の限界を突破した、横糸をジェット水流で通すってまったく意味がわかんない謎構造で生産性の向上を図った機械で、

ただコレは綿糸とかでは水で布地が縮むので化繊にしか使えないらしく、では、と水じゃ無いエアージェットで横糸を通すというやっぱり意味がわかんない謎構造で改良した機械。


織機なんてほとんど興味対象外でしたが、その織機の進歩の歴史の針を大幅に進めた偉人がいたかと思うとゾクゾクしますね。どんな脳みそしてんのやら。

 

 

ふと・・・こうやって、そのジャンルの歴史を始めた偉人、ライト兄弟とかエジソンとか。安藤百福も?
もしくはその歴史の針を大幅に進めた偉人、時計だとブレゲとか? ゲームだと横井軍平? マンガだと手塚治虫?
とかいって、あまり歯科の歴史を知らない自分に気づいた。

たとえばコンポジットレジンを開発した人は?
そのコンポジットレジンの固まる仕組みの化学重合型から光重合型にした人は?
歯科理工学で習ったかなぁ?

そういえば父はこういうのが気になったのか日本歯科医”史”学会に入っていたんだっけ。

これだけ自分の仕事でお世話になっているのに、その歴史の転換点となる人たちを知らないのはもしかしてマズイのでは・・・?

 

ところでこの科学博物館、他の階にも展示室があるようで、時間があったら行ってみようかな。