Palm

八王子方面から帰ってくると府中インター出口あたりにパチンコ・スロットのクリエという看板を見ます。

そしたら急にフラッシュバック。

クリエ・・・・・ソニークリエ?・・・・なんとかってOSで・・・・高いから・・・安いモノクロのヤツ・・・・・医科歯科時代にY先生に唆されて買った記憶が・・・PDA・・・PDAってナンの略だったっけ?・・・・・変な一筆書きアルファベットで・・・・

 

で、ソニークリエを検索して、PalmOSということがわかり、PalmOSの画像検索で、ハンドスプリング社のVisorってPDAを買ったことまで辿り着けました。

(PCWatchの記事より)
ちなみに、変な一筆書きアルファベットは、Graffiti文字と言って、アンドロイドアプリとして復活しているようです。ダウンロードする気起きないけど。
PDAはパーソナルデジタルアシスタントで、何故か日本語だと携帯情報端末です。

 

Y先生には折り畳み自転車「BD-1」も唆されていて、唆されてばかりですが、当時の僕はせいぜいY先生に当直のお供にガンプラを勧めたくらいです。割にあわねぇな。

勧められてというより唆されてと書くのは、大学卒業して2年目くらいの僕がPDAが必要なほどスケジュールに追われてたりパソコンと連携する必要が全くなかったのです(人によるかもですが、少なくとも僕は)。ただ、ガジェット好きをくすぐられて購入に至る、という今もって学習していない性質により買ってしまっただけですね。最初から高いクリエ買わないだけマシか(高くて買えなかっただけ)

1996年からPalmが販売されたようですが、結局10年ちょっとでスマホに取って代わられたんですね。そしたらスマホは何に取って代わられるんでしょう。
アップルウォッチで腕時計型デバイスが具体化しているので、VRかそこから発展してホログラム映像化とか、いっそ脳内デバイスってのがSFの流れですがどうなるんでしょうね。
少なくともグーグルはコンタクトレンズデバイス(スマートコンタクトレンズ)を具体化しそうな雰囲気ですけども・・・。