ガネーシャガル

小金井のツタヤに行く途中にある、インド料理店「ガネーシャガル小金井店」。

中に入ると香辛料の匂いに鼻がツンとします。
以前は夜に行ったけど、今回は昼に行ったのでランチメニュー。

 

デラックスランチを頼みました。
二種類のカレールーから選べます。ちなみにナンはおかわり自由。

厨房の方から「パン」という音が。ナンの生地を作って?いて、びろーんと三角に伸ばしてステンレス製っぽい釜の内側に貼り付けていました。

店に入った当初は僕ら家族だけだったのが、次から次へとお客がきて、気づいたらほぼ満席。

できたてのナンをちぎりルーにつけて食べる。旨い・・・

  

さて、気になったのが、スプーン。

あえての右利き用。やはり左手は不浄の手だからなのか・・・?左利きとしてはちょっと・・・ね。

ちなみに、ガネーシャ。ヒンドゥー教の象のような神様ってことまではメガテンの知識で知っていましたが、それ以上はよくわからん。

ので、wikipediaで読んだら、群衆の王で富の神様として商人から崇められているとか。学問の神でもあるらしい。

シヴァ神とパールヴァティーの長男とされているけど、
パールヴァティの入浴を警護していたガネーシャはシヴァが帰ってきて、親父と知らなかったガネーシャが入室拒否すると怒ったシヴァが首刎ねて外に捨てちゃった。
パールヴァティからシヴァの子だと教えられたシヴァは首を探したけど見つからず、仕方が無いので最初に会った象の首を切って持ち帰ってガネーシャの頭にしたことが象の頭の所以だとか・・・・すんげーテキトーだなおい。