平成29年度成人式

昨日は、小金井市の成人式でした。
自治体によっては一昨日のところもあったようで、一昨日の方が天気がいいので昨日より良かったんでしょうね。サクラのスタッフも成人式のために土曜の午後から休んで地元に戻っていたので、彼女の成人式は日曜日だったんでしょう。

 

宮地楽器ホール前のフェスティバルコートに華やかな振り袖姿の女性達と、面白くもないスーツ姿の男性陣と、一部の紋付袴の連中と。

 

天気がいまいちだったのが可哀想ですが、数年前の吹雪に比べれば、ですね。

女性の華やかさと男性の地味さを眺めていると自分の結婚式の準備を思い出しました。
妻が白のドレスと、お色直しのカラードレスを選んでいてたくさんの形状と種類、色がある中、「オレは?」と訊いたら、お色直しのカラーに合わせて中のベストを換えるだけ、そもそもの衣装にほとんど選択肢がなかった。まぁいろいろ選びたかったわけではありませんけど・・・。

振袖と言えば「はれのひ」事件は酷いですね。計画倒産でしょ。おかげで佐賀の写真館が迷惑を被っているようですが

 

ちなみに、僕は成人式の時は、住民票が実家の佐賀だったので、実家に成人式のお知らせが来ていたようですが、成人式のためにまた佐賀に戻るのも面倒だったのと、地元の友人と疎遠になっていたので、寂しい成人式が目に浮かんでしまい、行きませんでした。

 

女性の振袖姿が正装なら、それに対する男性は、紋付袴が第一礼装なんだけど・・・・紋付袴でバカをやる一部の連中のせいで、どうも僕の中には「成人式の紋付袴=バカ」という図式が成り立ってしまい偏見無く見られない・・・よくないなぁ・・・。
少なくとも、僕が見た時に金色の袴はいませんでした。
そういえば風物詩とも言える沖縄の荒れた成人式は、今年は静かだったそうですね。

 

ところで女性の振袖姿の定番の、肩にかける白いアレって名称はなんだろうね、と次女と話していました。
次女は「ネックウォーマー」とか言っていましたが、僕は「振袖なんて和装に横文字はないんじゃないの?」と言っていたのですが、調べたら近代の洋物だったようですね。
フェザーショールとかフェザーストール、ファーショール、ファーストールとかだそうです。
では昔に、着物で寒いときは?と思ったら普通に「羽織」だそうですね。

 

宮地楽器ホール、つまり小金井市民交流センターが出来る(出来た)当初は、ハコモノだとか成人式が出来る収容人数にないとか当時の稲葉市長を糾弾する声が多数上がりましたが、
「なんだ、宮地楽器ホールで成人式できてるじゃない。あの批判はなんだったんだよ」
と思いきや、二部制だったんですね。
これじゃ仲がいいけど町が違うってことで一緒に成人式が出来ないこともあるので、やっぱりよくないような。