2-in-1

僕のパソコン人生?は、デスクトップPCとノートPCの行ったり来たりの繰り返しです。
中学生の頃に親が買ってきたPC-8801FH、大学生になって初めて買った中古のエプソンPC-486SE(PC98互換機)、
それを下取りして上乗せして大学4年あたりに買ったNECのLavieのノートPC(たぶんLavieNXらしい。液晶画面の横から薄型スピーカーを左右に引っ張り出せる!)になって、
大学卒業して、そのノートを下取りしたらだいたい10万くらいだったので、10万パソコンなんて言われた、当時は安かったデスクトップPC、エプソンのEdiCUBEを買って、
しばらくして先輩から、いらない筐体やマザーボードをもらって自作PCを作って、
その後、口腔外科の医局に持ってきて使うためにパナソニックのB5ノートPC(レッツノート)を購入。
EdiCUBEはとっくにお亡くなりになって自作PCも頭打ちになって、さりとてB5ノートではキビシイ感じなった頃に、またデスクトップPCを買って。

その後、開業してしばらくデスクトップPCだったのが、そこそこハイパワーのノートPCをベースに、大きめの液晶モニタを繋いで、無線LAN、マウスやキーボードはブルートゥースでワイヤレスに。
何かあったらノートPCだけにすれば持ち運びも。という感じで東芝のダイナブックを買ったのですが、デカかった。
机の棚に奥には大きいし、横置きも無理だし、持ち運ぶにはいくらできる限りワイヤレスにしているとはいっても液晶モニタにつなぐケーブルや電源ケーブルなど面倒で、結局持ち運ぶことはせずほぼデスクトップ状態に。
そして部屋の片付けをする際に、バッテリー駆動するだろうと高をくくって電源ケーブルをブチッと抜いたらバッテリー残量ゼロだったようで、いきなり電源を切ったためにお亡くなりに。

そして今はデスクトップPCに戻っています。core-i7のRAM16GB。
とまぁ歴史を振り返ると、デスクトップの頃はノートPCの機動性に惹かれ、ノートPCにするとデスクトップの拡張性や同じ値段ならノートより遙かに高性能な部分に惹かれ・・・
さりとてデスクトップとノートを二つ平行使用するほどビジネスマンでも無し。とふらふらと成長してない人生です。

 

ただ、ドロップボックスなどのクラウドストレージ、グーグルやマイクロソフトアカウントでの複数PCの同期などが進んできて、2-in-1PCの性能も上がってきた現在、また欲しくなってきました。

そんな中、都合良く!? リビングの妻のノートPCがご臨終一歩手前になってきました。4年前のセレロンなので遅い遅い。フリーズの嵐になって作業に支障を来してきたので、どうしようと相談され、2-in-1を調べていた最中だったので迷わず、マイクロソフトのSurfaceProを勧めてさっくり購入。

自分用に買おうと思ったら性能の低いヤツしか買えなさそうだったけど、堂々といいヤツが買えて大満足。core-i5でRAM8GB、SSD256GB。わーいわーい。

うっすーい。かっこいー!

電源ケーブルも小さいコネクタが磁石でくっついているだけなのですぐに外せるし、タイプカバーもカポッと外してタブレットに早変わり。
まだwin10に慣れないし、12インチなのに2Kの解像度にも慣れないけど、一応妻が使っていたノートと同じようにしました。会計ソフトは税理士さんが今度来たときにインストールして設定してもらうけど。

で、また頭に出てきたのが、SurfaceProを基本にSurfaceドックを利用してのデスクトップPC化。そもそも僕は3Dゲームをやるわけでもなく、動画編集も特にしないしイラストレーターのようにグリグリ絵を描くわけでもないのでデスクトップPCの性能ほどは要らないのです。もっとも今までと同じく軽量ノートを持ち運ぶような必要性もないんですけど。

そして、SurfaceProのcore-i7の16GBモデルをベースにデスクトップ化しようとすると・・・液晶モニタはあるからいいとして。
Amazon価格で構成すると・・・・
SurfaceProが24万
タイプカバーが1.6万
Surfaceドックが2.1万
僕が持ってるワイヤレストラックボール(M570t)やキーボード(k40)はUnifying規格でブルートゥースじゃないので
トラックボールをMXTB1sにしたら1.1万
キーボードをマイクロソフトの何が専用なのかわかんないけどSurface専用キーボードが1万
で、しめて約30万!

30万かけて構成してもどうせ言うほどモバイルユースしないことが冷静に考えるとわかるし・・・・意味ないなぁ・・・。