マンガ 日本の歴史

昔、マンガ日本の歴史というとイコール石ノ森章太郎って気がしましたが。
残念ながら僕は読んだことはありません。記憶に残るのは、どこかの大学の漫研が描いた日本の歴史で、アレどこが出したんでしょうね。子供ながらにヘッタクソだったコトを覚えています。
なんせコマと次のコマのキャラクターが同一人物なのに同一の絵じゃないし、テロップつきじゃないと誰かすらもわからんかったし。
あの背景と人物の線が同じくらいだった記憶からたぶんGペンすら使ってなかったように思えます。

 

で、時は流れ。

各出版社がマンガ日本の歴史を出しています。
妻が子供からリクエストされ、角川版と集英社版で悩んで集英社版にしました。というか学研や小学館も出していたようなのですが単に知らなかっただけ。知っていたら更に悩んだでしょうね。

集英社版は、中のマンガはそれなりに実力のあるベテランマンガ家が描いてあるので問題ないでしょう。マンガとしての読みやすさや入り込みやすさは絵の上手さとは別の能力ですから。
もっとも1巻の「黒曜石の存在が狩猟などの転換点」を描くのに何ページ描いてるの?って感じでしたが・・・。
角川版も集英社版も、表紙絵が中とは異なる著名なマンガ家等に描いてもらっているようですが・・・・

角川版は、さすがにアニメ寄りというか、知っているような知らないような、マンガオタクだけどアニメオタクやラノベオタクではない僕には数名しかわからない。
それにくらべてさすがに集英社版は、知っているマンガ家ばかり。

なのですが・・・

 

だから何?という感じもあります。どっちかというと表紙絵より中のマンガを描いている人が「あおきてつお」氏だったり「八坂孝訓」氏だったりなので選んだというか。

 

よく、ドラゴンボールだったり、こち亀だったりをいろんなマンガ家が描いて一言コメントがあったりってのがありますが、そのマンガ家の味を出しつつドラゴンボールのキャラやこち亀のキャラだともわかる、というマンガ家もいれば、そのマンガ家の個性を消して元ネタのキャラを描いてみせるマンガ家もいたり、全く似せようとしないマンガ家もいたりで面白いのですが・・・
この日本の歴史の表紙絵にも言えそうです。

第一巻 岸本斉史(代表作「NARUTO」)
まあ普通に卑弥呼っぽい。実物を見たことないからわからんけどよく昔から描かれる卑弥呼ですよね。

問題はこれ
第二巻 荒木飛呂彦(代表作「ジョジョの奇妙な冒険」)
聖徳太子(厩戸皇子)・・・?
荒木飛呂彦過ぎてもう・・・この人どこの国の人? スタンド使えるでしょ。

第三巻 久保帯人(代表作「BLEACH」
なん・・・・だと・・・。もはや誰? この巻のメインからすると聖武天皇? 周囲の人?たちは?
ブリーチ読んでないからわからんけどこんなキャラいても違和感ないわー

第四巻 椎名軽穂(代表作「君に届け」)
紫式部だそうです。まぁ平安時代っぽいですね。でも出来たらここは「あさきゆめみし」の大和和紀氏に・・・!あさきゆめみしは講談社だからダメなのかな?

第五巻 岸本斉史
よくわかります。ここら辺はさすがですね。

第六巻 浅田弘幸(代表作「I’LL」「デガミバチ」)
源頼朝かな? 義経じゃなさそうですね。ヒゲ的に。 しかし無駄にカッコイイですね。さすがの浅田弘幸氏です。

第七巻 樋口大輔(代表作「ホイッスル!!」)
わかりやすいです。あまりクセのない絵柄の方だし。

第八巻 樋口大輔
人物も有名どころだし信長と秀吉ってすぐわかりますね。ちょっと信長が迫力に欠けるけど。

ちょっと次も問題
第九巻 原泰久(代表作「キングダム」
徳川家康だと思うのですが、お前さん、呂不偉じゃありませんか?ヒゲがないだけで。 秦からタイムスリップして日本を治めやがりましたか。

第十巻 石田スイ(代表作「東京グール」)
誰なんでしょうねぇ・・・犬がいるから徳川綱吉でしょうか?

かなり問題・・・
第十一巻 藤崎竜(代表作「封神演義」)
誰だー!!!宣教師?

第十二巻 和月伸宏(代表作「るろうに剣心」)
第十三巻 和月伸宏
この人も上手だしわかりやすいのですが・・・・ふとどきな事件が・・・・

第十四巻 浅田弘幸
近代なのですが、誰なのでしょう?
浅田弘幸氏の浮いている光粒はなんなんだろう? テガミバチに出てくるアレか?

第十五巻 東村アキコ(代表作。最近だと「東京タラレバ娘」)
なんかわかります。わかるんだけど・・・

第十六巻 村上もとか(代表作「六三四の剣」「仁」などなど)
さすがの巨匠です。わかりやすい。ただ、別に村上もとか氏じゃなくても?

第十七巻 アルコ(代表作「俺物語!」)
こんな絵も描けるんですね。でも何故にこの人選?

第十八巻 荒木飛呂彦
これはマッカーサー。右腕がどうなってるのかわかんないけどマッカーサー。なぜだか違和感がありません。

第十九巻 森田まさのり(代表作「ろくでなしブルース」)
上手すぎでしょ。

第二十巻 咲坂伊緒(代表作「アオハライド」)
まぁ現代ですし。

 

しかし・・・どういう経緯でマンガ家が選ばれてどういう経緯でその時代が選択されてどういう感じで描いてと言われたのか興味が尽きませんね。
絵柄のアクの強い人はマンガ家としては有名でもどうなんでしょう・・・・。荒木マッカーサーはステキだけど・・・。