W-ZERO3

サクラ歯科医院は、水曜の午後の休診や、日曜日になるだけ繋がるように電話を転送しています。
いわゆるガラケーに。

 

今もだけど昔からデジタルガジェット好きなので、そのせいで持っていたあるケータイの後継機が欲しくなりました。
なので、開業時に電話転送する際のケータイに、よくわかってなかった妻をだまくらかすように、その後継機を選択しました。
何故なら、欲しかったから。

 

そのケータイのシリーズは、W-ZERO3

 

今はなくなってしまった、PHSキャリアのWILLCOMにかつて目のつけどころがシャープだった、シャープが提供したハイブリッドケータイ。
なんか過去になってしまったメーカーの全盛期のデジタルガジェットな気がしますね。

 

もともと、どういう流れか初代W-ZERO3(WS003SH)を手にして、興奮したけど、遅い。所詮は通信速度がPHSですよ。

 

で、言うほど使わず、でも僕の中で不満と期待が燻っていたんでしょうね。
後継機である、W-ZERO3[es](WS011SH)の小ささとスタイリッシュさにやられてしまい、転送電話をダシに買ってしまって・・・・・・

 

やっぱり所詮PHSなのでガッカリしたのです。

ハイブリッドの理由は、携帯電話としての機能と大きさ、ウインドウズモバイルを使用したPCのような使い勝手、という理由みたいなのですが、
(スライドしてのQWERTYキーボードが仕込まれているしね)
携帯電話としてはすでにPHSは高速移動での繋がりの悪さから下火になり、PCのような使い勝手としてはPHSは遅すぎる。

そして今やスマホの使い心地、これこそがW-ZERO3の目指すところだったんだろうなぁ。出てくる時代が早すぎたのかもしれません。
しかも、ウインドウズモバイル自体も、全然普及しないまま姿を消しつつあります。
そう思うと、W-ZERO3は、先進的に失敗した塊なのでは・・・。

小物入れから引っ張り出して、上手い事専用充電器もあったので、充電したらしっかりと起動しました。
が、本体からの通信は当然出来ないので、どうやら無線LANが繋げられそうだったので、繋いでみようと思ったけど、僕はネットワーク構築に関してはさっぱりわかってないので、繋ぐ事が出来ませんでした。
残念。通信速度を確保した状態で、どのくらい使えるのか気になったんだけど・・・。

 

先進的に失敗したといえば、セガ・ドリームキャストが同じかもしれませんね、
アーケードゲーマーだった僕はプレイステーションとセガサターンが出たときは、迷わずバーチャファイターが出来るセガサターンを最初に買ったし、その後継機ドリームキャストが出たときもバーチャファイター3したさに迷わず購入したくらい。なんだよGD-ROMって。
たしかDVDは金額的に高くなるからGD-ROMって独自規格を作り、セガサターンの失敗からまったく学ばない姿勢であっさりとPS2に負けてしまったのですが、
通信機器と繋がるネットワーク対戦が出来たという先進的な試みだったんですよね。
でもネットワーク対戦が満足できる環境じゃなかった。電話回線かよくてISDN回線なんだから・・・。
バーチャルボーイもすさまじく先進的に失敗したゲームハードか。あ、ゲームギアもかな?)

 

時代が移って、W-ZERO3やドリームキャストのような失敗しそうな先進的な試みを行う大手メーカーは残念ながら日本からは期待できなくなりました。大手を離れた人たちが立ち上げた会社のクラウドファンディングでの試みに期待するしかありません。
また、どこからかバカな試みで満たされたデジタルガジェットを手にしたいなぁ。でも僕が笑って金を注ぎ込めるかなぁ・・・