ちょっと練習中

自前でホームページ作ると困るのがイラストとか写真とか。
まだ写真は機材の写真とかは自分で撮ればいいのですが、まー正直ホワイトバランスが変ですね。写真のための白い布も買ってみたり、LED光源も買ってみましたが安いから光源が広範囲じゃ無いため少々無理があります。

そしてビフォーアフターですよ。

もともと胡散臭い部分があったのですが、とうとう正式にウェブサイト(ホームページ)上でのビフォーアフター写真の掲載が禁止となりました(2017年6月施行の改正医療法)。要約すると「施術した全員が全員絶対にそうなるわけじゃないでしょ」という理由です。
(じゃぁ健康サプリ系のテレビ通販の「※個人の感想です」はいいんだったら、ビフォーアフター写真の横に「※成果には個人差があります」と書けば許されそうなんですけどねぇ)
(もっとも、ビフォーアフターは患者が知りたい事でもあるので他院との比較や誇大広告が駄目というレベルに落ち着きそうですが)

まぁ僕自身、前々からホワイトニングなどのエステ方面のビフォーアフター写真はクレームの元になるんじゃないかと、歯科医院での写真掲載には懐疑的だったので、今回の改正医療法に何か不都合があることもありません。
もともと絵での説明としてのビフォーアフターにしようと思っていたからです。

なので今日は午前中は仕事が無いので、模型を眺めながら絵の練習。

普段から患者さんへの治療説明で絵をその場で描いていたので、基本的には得意なのですが、少ない線でわかりやすく、しかも医学的に間違わない絵を描くのは難しいですね。

しかも、練習して鉛筆でいかに綺麗に描けるようになっても、更なるハードルが・・・。デジタルですよ。

僕がメインで使っているペイントソフトは、17 年前リリースされたPaintShopPro6というソフトですが、簡単な変換くらいはOKですけど、やはりそれを使って描く、というのはキビシイ。
PhotShopは高い。しかも今はCCで月額使用になっているからたまーにしか使わないのに使用料を払うのは勿体ない・・・。
しかもたまーに、だからPhotShopElementsでも全然使いこなせない。フリーで有名なGIMPも一応入れていますが・・・。
年賀状はデジタルで描いているのでそれは今はPainterにワコムのペンタブレットを使っていますが、やっぱり上手くいかない。

でもって、ついついデジタル系マンガ家御用達のCLIPSTUDIO PAINT PROを買ってしまいました。そして画面を開いて、ハードルたけぇなぁ・・・・と。

果たしていつになったらサクラ歯科医院の「診療内容」が拡充されるのか・・・。