京都旅(10)-祇園-

出町柳で降りて、I君家族は、僕が勧めた鴨川デルタあたりを見てくると別れ、W君と僕は京阪鴨東線に乗り京都駅方面へ。
W君は特に予定はなかったようで、僕と一緒に行動しようとしていたけど、僕と同じくオフロスキーなので京都タワーの風呂に入ってくると言い、僕は祇園四条駅で降り別れました。(結局W君は入ったのかな?)

京都と言ったら祇園?なのかは知らないけれど、行ったことがなかったので、でも行く予定も今回無かったからそれっぽいところを回ろう、そもそも時間もあまりないし。(祇園四条の時点で16時10分。帰りの新幹線は18時12分。普通に祇園四条から京都駅まで歩いて約40分。お土産のこと考えたら17時半には駅に着いておきたい)

メインのお土産は食べ物だけど、子供たちになんか気の利いた小洒落たグッズないかなぁと思って店をうろついても、風呂敷はデカいし手ぬぐいにしても小学生には粋すぎるでしょ。
お、女の子が好きそうな店が。と思ったらかんざしとかイヤリングとか。これも小学生には・・・・
探せばどっかしら子供たちが好きそうなグッズがあると思うけどノープランはだめだな・・・。
結局、食べ物の店に。

祇園まるん
という一口サイズの和菓子のような洋菓子なようなお菓子などを売っているお店。
スタッフにも15個選び放題の菓子を詰めたり。
   

 

そして祇園っぽい小路をうろちょろ。まぁメインな通りをベースにうろうろしたのでメインの通りは外国人や浴衣を着込んだ観光客やらでいっぱい。
  
マナーのなってない外国人のためのNG立て看板も生で見ました。

まぁ自撮り棒や座り込んでいる人たちたくさんいたけどね。日本人でも。
舞妓さんは残念ながら見ませんでした。

そしたらフォーエバー現代美術館なるところに草間弥生展がやってました。
 

フォーエバー現代美術館というネーミングセンスもなかなか考えさせられるのですが、申し訳ないけど草間弥生の水玉の良さがさっぱりわからない。狂気を感じる・・・

しかし京都はすごいですね。他の小京都と呼ばれる都市をよく知らないからかもだけど、小京都なんて称するワケだから本場?京都はやっぱりすごいんでしょう。
長屋形式が多くて、火事心配。

なんか小さい入り口があるな、と思ったらその門構え?の上には複数の表札。

奥の方にたくさんの住居の玄関が。気になってその小路を進んでいったら行き止まり。まさに袋小路。

同じような小さい入り口の脇に小さい看板があって、
 
何だろうと誘われて小路を進んで更に曲がった袋小路に、
  
便箋のお店。かわいらしい。買おうと思ったけどこういう便箋を使う機会が想像できなかったので結局買わず。

他にも同じように小路というか路地というか、そんなのがあって店が建ち並んだりしていて。
  
すっごい情緒ある光景なんだけど・・・・・マッチ一本火事のもとだよなぁ・・・

なんて、フラフラウロウロしながら京都駅方面に進んで、なんとか予定通り17時半に京都駅に。
お土産を買わねば。

駅に伊勢丹が入っているので、まるんで買った菓子以外に、まず漬け物。そして妻に頼まれた鯖寿司。そしてスタッフに頼まれた阿闍梨餅
漬け物はいろいろあるけど僕があまり食べないからよくわからんのでテキトウに。
鯖寿司は前日にネット検索した上位に伊勢丹にある店があったので。
阿闍梨餅は、最初出町柳から東に進んだところにある本店で買おうと思ったけどI君の奥様から伊勢丹にあるんじゃない?と言われて探したらあった。が、長蛇の列。10分並んでゲット。
この時点で17時55分。

急いで改札くぐって、駅弁買って、ホームに上った瞬間にトイレに行こうとまた降りて、1分前にまたホームに上り、声をかけられたから「へ?」と振り返ったらI君家族も同じ新幹線だったのにびっくり。
で、指定席に座って京都を後にしたのでした。

京都の欠点は・・・・・・・とかく人が多い。
よく京都人は排他的とか言うけど、住むわけじゃ無いのでよーわかりません。どーなんでしょね。
狭いのにたくさんの名所に溢れているから時間が足りないですね。でもかつて行ったときのバス一日券とか、今回のレンタサイクルとかいいですね。
家族で行く機会があったらまたレンタサイクルみんなで借りてウロチョロしたいですね。