京都旅(9)-貴船神社-

川床料理「貴船 仲よし」で解散し、僕と、富士宮のW君、箱崎のI君家族は、そのまま歩いて貴船神社へ。
というのはマイクロバス送迎時にやたら人が多かったから、とそうそうこっちに行くことないからせっかくだから。
  

とはいえそんなに時間も無く本殿を参っただけで奥宮も結社にも行っていません。
そしてここにも縁結び関連が!

と思ったけど、貴船神社のおおもとは水を司る神様でご神水とかあるようだけど、結社とか、縁結びとしての謂われは平安時代に遡るらしいので、そこら辺にあふれるやっつけ多角経営とは違う、ちゃんとした?縁結びの神社のようですね。

たくさんの縁結びを祈願する絵馬がありました。

しかし、となると結婚している者、既に縁のあるカップル、そしてその仲がギクシャクもしていない方々がここを訪れる意義があるのかどうか?

やってないけど面白そうだったのが、おみくじ?で、水、たぶんいわゆるご神水に浸すことでご託宣が浮かび上がるんでしょう、みんな透かすように見ていました。

ここも紅葉でのライトアップがステキそうなんですが、今この状態でも人が多いので、その時期は非常にヤバイだろうと想像できますね。
ここに限らず京都の紅葉名所は、人がいない状態で心ゆくまで堪能したいのですが、まぁ・・・無理ですね。

 

というところで、景色を愛でながらテクテク貴船口を目指して歩いて、

少々不安になったところで駅が見えてきて、たくさんの人でホームが溢れていたけど無事に乗れて終点の出町柳へ。